読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外移住したいですか?

はてなの増田に投稿された、日本の税金が高いという話

anond.hatelabo.jp

から、シリコンバレーanond.hatelabo.jp 東欧anond.hatelabo.jp スイスanond.hatelabo.jp で暮らす人達がそれぞれ家計の内情を書くという、面白い事象がありました。 そこから、もっとシリコンバレーに来る日本人が増えたほうがよいという、 note.mu ここ10年くらいJTPAさんなどが盛んに言っている言説も見られました。

また一方で、最近エンジニア仲間と飲み会をした時に、Google に今更いっても好きなことできそうも無いし、あんまり行く気がしないねえ。という話がありました。 そこに集まっていたエンジニアはみんな優秀とはいえ、全員が Googleの入社試験に受かったことがあるわけではないですので、すっぱいぶどうを眺めているだけかもしれません。 Google だけがシリコンバレーでありませんから、直接それを海外移住するしないの結論にするのは難しいでしょう。 そうだとしても、最近あまり海外移住してエンジニアをしたいと思わなくなったので、そういう話を書きます。

なぜ昔は海外(主にシリコンバレー)にあこがれて居たのでしょう

一つには、単純にかっこよかったからですよね。毎度毎度出す製品で、僕らユーザーを驚かしてくれるAppleGoogle に入ってその一翼を担えたらかっこいいに違いない。最先端の現場で働くってかっこいい。でも最近のAppleGoogle もそれほどワクワクするものが出てこなくて、他のシリコンバレーベンチャーもそれほど惹かれるものがないんですよね。

もう一つは給料の良さ、日本の院卒初任給が年収400万円(額面)くらいなのに対して、向こうは2倍も3倍も出るといいます。物価や税金が高くても、3倍出るなら、可処分所得は結構増えるでしょう。これはいまでも魅力的だと思います。ただ子連れだとどうなのか気になるところです。それに、年をとって日本での給料も上がってきているので差も縮まってきています。

いま行こうと思えない理由

ひとつは子供のことです。僕には小さな娘が居ますので、向こうで幼稚園を探すと結構な出費になりそうです。それに言語の問題も。うまくいけばバイリンガルに育つでしょうけれど、中途半端に母語第二言語もマスターできてないようだと僕の望んでいる状況ではありません。

そして一番の理由は、日本でいま携わっている仕事がかなり気に入っているという事です。給料も悪くないし、子供の幼稚園への送り迎え両方ができる位の労働時間です。通勤時間も徒歩30分(幼稚園への寄り道含む)です。さらに仕事の内容は西海岸でも見ないような最先端の事業を営んでいます。

ちょっと書いていてそんな会社あるのか?という胡散臭さが出てきましたが、そういうベンチャー企業は日本にもあります。広く求人する必要もないので、あまり表には出てきませんが。

というような、現状への満足と、AppleGoogle も、その他シリコンバレーにある企業への魅力があんまり感じられなくなった事があって最近はあまり海外で働きたいと思わなくなりました。

それを老いというのかもしれないですが、落ち着きを得たとも感じています。

働くのでなければ、東欧に暮らしてみたいなあ。という気持ちはあります。日本だったら北海道の田舎が良いですね。それにしたって、子供の教育の問題はあるので、どうにか踏ん切りを着けるか、子供が自立するであろう2 0年程度先まで待つかです。

基本的には、行きたい人は行けば良いし、行きたくない人はどうしたって行きはしない。という話ではありますが、行かないひとにもまあ理由はあるという話でした。